ヨコハマ弾性舗装システムのロゴヨコハマ弾性舗装システム株式会社

  1. トップ
  2. 企業情報

企業情報

1975年、横浜ゴムによってスタートしたゴムチップ系弾性舗装材は、歩道・公園等の景観舗装、プールサイド・グラウンド等の学校施設、陸上競技場・テニスコート等の運動施設などに優れた製品として、幅広く行きわたり、私たちにとって身近なものとなっています。
<サーファム>は、ゴムチップ弾性舗装の代名詞的な存在として数多くの実績を持ち、それまでの弾性舗装の最大の欠点であったブリスター(ふくれ)や剥れのない、優れた構造安定性や秀でた施工技術などによって市場をリードし、高い評価をいただいて参りました。弊社は、横浜ゴムよりこれらの技術、設備等をすべて引き継ぎ、安心と信頼のブランドである<サーファム>を従来通り横浜ゴムの販売会社を通じて供給するとともに製品の保証・サービス活動も引き継いで、これからもたゆまぬ研究を通して新しい時代の舗装を提案していきます。

会社概要

商号 ヨコハマ弾性舗装システム株式会社
創業 1979年
代表取締役 矢野幹夫
所在地 〒108-0074 東京都港区高輪2-15-15
TEL:03-3441-0821
FAX:03-3441-6900
営業所
北海道支店
〒003-0025 札幌市白石区本郷通4丁目北1-17
TEL:011-867-4611
FAX:011-867-4612
岡山営業所
〒701-1344 岡山市北区新庄下1848
TEL:086-287-8852
FAX:086-287-8726
関連会社 横浜ゴムMBジャパン株式会社

沿革

1975年横浜ゴムが開発したゴムチップ系弾性舗装材(サーファム)の施工会社として1979年4月東洋樹脂工業(株)として発足、1986年社名をサーファム工業㈱に変更。その間テニスコート年間300面を含め学校グラウンド・陸上競技場等多くの施工実績を有した。この結果日本国内での弾性舗装に関する施工技術を確立する。その例として当社独自工法である透水型陸上競技場トラック(サーファムGT-A)を1990年に東京代々木公園内(織田フィールド)に施工。
2000年10月横浜ゴムよりサーファム関連商品の事業移管を受け、ヨコハマ弾性舗装システム(株)として発足。サーファム専業のメーカーとして現在に至る。
当社は要求される物理性能・スポーツアビリティ・コストといった項目を高次元にバランスさせた商品を世に送り出すとともに、環境に配慮し優れた配給技術・リサイクル技術を駆使して今後とも新商品開発に注力し、社会に貢献することを社是としている。